菌活にはダイエット効果がある?

yaseta11_s

菌活で発酵食品を多用しながら、野菜や果物も欠かさずに食べれば、ダイエット効果も引き出せるようになります。適度な運動をして、バランスに配慮した食事を行うことも重要ですが、有用菌の助けがあるだけで効果が違ってきます。

朝食では果物入りのヨーグルトを食べたり、野菜たっぷりの味噌汁を飲めば、有用菌や食物繊維の働きで腸内環境が健全になります。ヨーグルトの有用菌は、腸内では善玉菌の働きを助けて、悪玉菌の影響力を排除してくれます。味噌には大量の酵素が含まれるために、菌活では特に重要な食材となります。味噌汁を飲むだけでも、栄養の偏りが改善されて、新陳代謝を高める効果が高くなります。

ダイエットに失敗してしまう人は、食事のバランスが悪いために、基礎代謝も鈍くなるものです。ところが、菌活をしていれば、体がエネルギーを効率よく燃焼しますから、使い残しもなくなっていきます。炭水化物が主体のご飯には、ビタミンB1が豊富なキムチやぬか漬けを添えれば、糖質が効率よくエネルギーになります。定食に少しだけ添えてある沢庵漬けも、ぬか漬けと同じ乳酸発酵食品ですから、菌活で食べればエネルギー代謝も活発になります。

乳酸菌などの有用菌が腸内フローラを充実させて、補瀉の作用を活発にすることは、ダイエットにとっては理想的です。余計なものを排出しながら、有用菌が体内に入って免疫力が充実するのは、アンチエイジングの効果と言えます。

乳酸菌にはコレステロールを下げる効果もあるとされるため、ダイエットでも一定の効果があると考えられます。ヨーグルトを食べるだけで痩せるわけではありませんが、食べないよりは有益なのは明らかで、ダイエット中の人にとっては強い味方になります。

冷え性で体の新陳代謝が鈍い場合には、キムチを食べるようにすれば、唐辛子や乳酸菌の発汗作用も加わってエネルギー効率が高まります。菌活でキムチを食べる人は多いですが、しっかりと乳酸発酵させたものを選ばなければ、乳酸菌の効果が限られてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>