温泉で見かける馬油シャンプーの特徴

温泉地に行くと見かけることの多い馬油シャンプーには、馬から抽出した油(馬油)が配合されています。
馬油は中国では紀元前の騎馬民族が用いていたという言い伝えがあり、日本にも中国から伝来されました。
日本に馬油が伝来されたのは約400年前といわれており、江戸時代から火傷や切り傷に効く治療薬として利用されていますが、これは馬油が傷口を保護して雑菌の繁殖を防いでくれる効果があることが古くから知られていたからでしょう。

このように古来より馬油が塗り薬として活用されてきたのは、馬油が人間の皮膚に非常になじみやすいという特徴を持っているためです。
馬油を手に取って皮膚に塗ってみると、オイルを皮膚に塗ったときのようなベタつきはほとんどなく、サラッとした肌触りが残ります。
これは、馬油が人間の皮膚を保護している皮脂に非常に近い構造をしているためで、皮膚に塗るとすぐになじんで皮膚表面をしっかりと保護・保湿してくれるので、馬油シャンプーで毎日洗浄することで頭皮の乾燥を予防し、ツヤのある髪の毛がスムーズに生えやすい頭皮をつくる効果が期待できるというわけです。

また、馬油には皮膚の炎症を抑える働きがあるといわれており、頭皮に浸透した馬油は頭皮に隙間なく密着して雑菌の繁殖を抑える効果もあるので、馬油シャンプーを使うことで雑菌の繁殖によってもたらされる頭皮や毛穴の炎症を起こりにくくし、頭皮の痒みや抜け毛を予防できます。
その他にも、馬油は皮下組織を刺激することで血管の拡張を促して血流を活発にする働きがあるといわれているので、馬油シャンプーで毎日洗髪することで頭皮の代謝を活発にして髪の毛の成長を促す効果も期待できます。

このように、馬油シャンプーには頭皮環境を整えて髪の毛の生えやすい頭皮環境をつくるとともに、髪の毛の成長を促す作用があるので、薄毛でお悩みの方にお勧めのシャンプーといえます。
ただし、馬油シャンプーは製品ごとに馬油の含有量が異なり、頭皮への刺激の強い界面活性剤が使用されている製品もあるので、よく成分表を確認して安全で信頼できる製品を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>