浄水器にも様々なタイプがあります

日本の水道水は諸外国に比べても安全性が高いとされています。しかし、水道から出る水をそのまま飲むということは滅多にないでしょう。スーパーやコンビニで販売しているペットボトルの水を購入して利用していたり、定期的に水専門店に行って大量の水をまとめ買いする方が多いはずです。ただ毎回重たい水を買いに行くのは面倒ですし、コストパフォーマンスは決して高いとは言えません。

水道水に不安を抱えている方には浄水器がおすすめです。一口に浄水器と言ってもいろいろな種類があるので、それぞれの特徴やメリットを比較しながら選ぶといいでしょう。

浄水器には大きく分けると据え置きタイプ、蛇口取り付けタイプ、アンダーシンクタイプがあります。据え置きタイプの場合はシンクの下ではなく上に取り付ける形になっているため、ある程度のスペースを必要とします。キッチンの蛇口周辺にスペースがあるというお宅なら、このタイプを選んでも設置に困ることはないでしょう。据え置きタイプは浄水する機能に優れているため、安全性の高い水に変えることができます。水に含まれる有害物質をろ過する機能があるため、小さいお子さんがいるご家庭にも最適なタイプと言えるでしょう。浄水器を使用するときはフィルターが必要になりますが、据え置きタイプはフィルターが長持ちすることもメリットの一つです。

蛇口取り付けタイプはリーズナブルな値段で購入できる点が最大のメリットです。誰でも簡単に設置できるようになっており、キッチンスペースにゆとりがなくても心配は要りません。ただカートリッジの交換時期が早いことや据え置きタイプに比べて浄水機能が劣る点はデメリットになるでしょう。

アンダーシンクタイプはシンクの下に設置する形になっているため、キッチンが広々と使えるというメリットがあります。もちろん浄水機能にも高く、安全性を重視する方におすすめです。デメリットとしては、導入費用が高いことや取り付け工事が必要な点が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>