キャビテーションに副作用はない?

yaseta1_s

キャビテーションは、切らない痩身治療のひとつで超音波で脂肪細胞を破壊させて排出し、痛みや腫れ、ダウンタイムなどもありません。また、メスを使用しない痩身治療なので一般的には副作用などの心配はありません。
副作用などはないのですが、施術を受けるためにはいくつか注意点があります。

キャビテーションで細胞から流れ出た脂肪は肝臓に集められてから分解、排出されるため、肝臓への負担を抑えるために治療後は糖分や脂肪、アルコール、タバコなど肝臓へ負担がかかるものは控えることを心がけることが必要です。胃の不調や一時的に下痢になる場合があり、治療前後の1時間は食事を控えることがあります。

キャビテーションは、効果を実感するまでに時間がかかります。体内の自然な代謝によって排出するため、痛みや腫れを伴わずに脂肪細胞の数を減らせますが、即効性はないのです。効果のあらわれ方には個人差はありますが、5回程度は施術が必要になります。また、多くの脂肪がなくなるため、肌がたるむことが考えられます。脂肪が多い場合は、ボディクリームなどでハリをもたせたり、たるみ治療などを併用することも検討すると良いです。
キャビテーションで副作用を起こさないためには健康状態を良くしておく必要があります。また、キャビテーションで痩身治療をするなら、キャビテーションで脂肪溶かして、体をたためて脂肪を溶かしやすくし、溶かした脂肪を体の外に排出するコースがあるエステを選ぶことが成功させるためのポイントです。

キャビテーションの機能は副作用もなく脂肪を溶かすことができる点ですが体外に排出させることができません。体の外に脂肪を排出して脂肪がなくなり痩せることができることがキャビテーションのメリットです。溶かした脂肪をリンパに流して体外に排出するハンドマッサージなどを一緒に受けることが必要になります。また、事前に体を温めることで脂肪がさらに溶けやすくなります。施術を受ける前に確認することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>